クレアフォートVSハイドロキノンどちらがいいのか?

クレアフォート ハイドロキノン

 

脇や膝の黒ずみや色素沈着をきれいにしたいけどクレアフォートにしようかハイドロキノンが入ったもののどちらがいいのか迷いますよね。

 

そこでクレアフォートとハイドロキノンの特徴をまとめてみました。

 

ハイドロキノンのメリット・デメリット

 

ハイドロキノンのメリット

・シミの原因であるメラニン色素の産生を抑制
・メラニン色素をつくるメラノサイトを減少させる

 

これらの事からハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれています

 

2001年の薬事法改正により、医療機関でしか手に入れられなかったハイドロキノンが、手軽に入手することが出来るようになりました。

 

そんなハイドロキノンは使用方法を間違えるとたくさんのデメリットがあります。

 

・ハイドロキノンはとても強い成分なので肌に合わず、炎症や赤みを起こす人がおられます。
・ハイドロキノンが配合された商品を使用される際は、必ず事前にパッチテストを行う必要がある。
・長期的に使用したり高い濃度のハイドロキノンを使用することで白斑がでる可能性があります。
・ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くする性質がある成分である。(室内にいても紫外線対策は必須)
・ハイドロキノンは非常に酸化しやすいため開封後、長期間放置すると劣化
し、望むような効果は発揮できない。
・長期間同じ部位に使用し続けると、肌が弱くなってしまう

 

このようにハイドロキノンはとても扱いが難しいことが分かります。

 

2001年までは病院でしか処方されなかった理由が分かりますね。

 

クレアフォートのメリット・デメリット

 

クレアフォートのメリット

・ビタミンC誘導体・プラセンタ・ビサボロール・米ぬかエキスといった肌に優しい美白成分配合
・お肌に潤いを与える成分や透明感を出す成分が配合されています。
・香料・合成着色料・鉱物油・アルコール・パラベン・紫外線吸収剤は入っていなく、肌荒れを起こすリスクは限りなく小さい。このため肌の弱い方、敏感肌の方など、ほとんどの方が安心して使用できます

 

クレアフォートのデメリット

・効果が出るまでに1〜3カ月の時間が必要になる。

 

クレアフォートは肌にとても優しく、自然な形で確実に黒ずみにアプローチしていきます。

 

医薬部外品で安心して全身に使用できるのが特徴です。

 

クレアフォート ハイドロキノン

クレアフォートとハイドロキノンのメリットデメリットをまとめてみましたが、もし使用するならあなたはどちらを選びますか?

 

もし私ならできるだけリスクのない方を選びます。

 

だって肌をきれいにしたいのに肌荒れしたり白斑ができるなんて嫌ですよね。

 

もし白斑ができてしまえばその後の対応策はないですからどうしても慎重になってしまいます。

 

クレアフォートはリスクが少なく黒ずみにアプローチできる商品だと思います。

 

そんなクレアフォートなのですが実際に使用した方の口コミが気になりませんか?

 

クレアフォートを使用した方の悪い口コミと良い口コミを集めて見たら…。

 

>>クレアフォートの口コミを見てみる

 

↓クレアフォートの公式サイトはこちら↓